オラッチェってこんなところ。

1997年9月23日開国。

静岡県田方郡函南町丹那(しずおかけんたがたぐんかんなみちょうたんな)にあります。丹那盆地のほぼ真ん中にある赤い屋根の建物がオラッチェです。丹那盆地は周囲4Km、標高250mの小さな盆地。丹那盆地の中には信号機は1個もなく緑いっぱいの豊かな自然が広がっています。10軒の酪農家と約1,000頭の牛たちがのんびりと暮らしています。

オラッチェの意味。

Organic    有機農業の素晴らしさにふれてください。

Refresh    心身の疲れを癒し、元気になってください。

Agriculture    農業の大切さを知ってください。

Tanna       酪農の里「丹那」を第二の故郷にしてください。

Comfortable  澄んだ森の空気と緑を楽しんでください。

Healthy    自分、家族、みんなの健康について考えてください。

Ecology    地球環境について考えてください。

オラッチェの想い。

140年におよぶ酪農の豊かな歴史と乳文化の中で、安全性や鮮度にこだわった酪農家のおもいが丹那牛乳を生み、人と家畜が共生する土づくりを大切にする循環系有機農業を生みました。丹那地域において、牛乳生産量は減少するものの販売数量は維持しています。こうした現状を踏まえ、地域特産である農畜産物を活用した加工施設を整備し、地場産品の販売、食の体験を通じて、将来に向け夢のある酪農・農業の実現をめざし、同時に農業後継者の育成をはかることを目的とします。

地域のおもいを一つにし、10年先、20年先を見通し、丹那牛乳を広め理解してくれる人々との多くの交流を通して丹那の酪農、牛乳、地元農産物、文化を知ってもらい、地域の人々、地元の酪農家、生産者とともに丹那を守り育てていきます。

丹那盆地全景
丹那牛乳のこと

オラッチェの向いにある丹那牛乳(函南東部農協)は昭和 30 年に「自分の子や孫に飲ませる 牛乳を消費者の皆様にも」という情熱を持った丹那の酪農家たちによって創設された乳製品メ ーカーです。学校の給食にも提供している、静岡県のブランド牛乳なんです。

丹那牛乳の大きな特徴は「酪農家と工場が近いこと」。 最も広範囲に渡って集乳している 丹那3.6牛乳の場合でも、一番遠い酪農家で片道2時間の距離です。搾られたばかりの生 乳は栄養成分が多いゆえに、時間が経つにつれ細菌が増え、酸化し、風味が劣化してしま います。丹那牛乳では非常に短時間で、生乳を酪農家から工場に運ぶことができるので、 雑菌が少ない良質な生乳を加工できます。パックに印字されている賞味期限は加工された 時点からの期限になります。その前の、搾られてから加工されるまでにかかる時間こそが、 牛乳の鮮度とおいしさを決定付ける、重要な要素なのです。私たち丹那牛乳が当たり前の ことと考えていた、生乳の鮮度。

私たちの信念は「安心・安全・新鮮」な牛乳を皆様にお届けすることです。 静岡県東部の信頼ある酪農家から搾りたての生乳を1年365日毎日工場へ運んでいます。

丹那牛乳のこと

めぐる命のめぐみ、めぐる季節のめぐみ。函南めぐり野菜。

丹那百年堆肥「緩衝力」を使って作られた豊かな土壌で、品質の向上と減農薬に努め生産される 函南めぐり野菜は生産者のこだわりが込められた良質の地域循環型農作物です。酪農家さんや生 産者さんの愛情と未来に繋げる夢が詰め込まれています。

丹那百年堆肥「緩衝力」。

140年以上の酪農の歴史とともに函南町丹那地域の土づくりに活用されてきた酪農資源の牛ふん 堆肥です。

函南めぐり野菜はオラッチェ売店・道の駅 伊豆ゲートウェイ函南・マックスバリュー函南で 販売しています。

オラッチェの売店では丹那在住の野菜ソムリエプロかほりさんが考えた、レシピと一緒に販売されています。

函南めぐり野菜レシピイメージ
風の谷のビールのこと

風の谷のビールは生ビールです。

「熱処理」「フィルター処理」をいっさい行っていないため、健康食品としても知られているビール酵母が 活きたまま入っています。活きた酵母が持つ、豊かな味わいをご賞味ください。

酪農王国敷地内にある大深度300mの深井戸から汲み上げた富士箱根山系の天然水と、地元で栽培された大 麦を使った地ビールの醸造所です。地元産大麦の他、モルト、ホップ、酵母はドイツ産をはじめとするオー ガニック原料を厳選。有機栽培麦と富士箱根山系天然水が風の谷のビール独自の味を造ります。

ビール工房のマイスターこだわりの自信がここにあります。

2000年12月「風の谷のビール」が、改正JAS法で創設された有機 食品検査制度の検査機関である「アファス認証センター」より、「有 機農畜産物加工酒類」としての認証を受けました。「風の谷のビール」 が認証を取得できた理由。酪農王国は1997年に、地域振興・環境保 全を目指す有機農業の発展のために構想され、設立された事業です。 当然「風の谷のビール」についても「オーガニック」である事が大前 提となりました。そのためには、まずビールの素となるオーガニック の原料を確保する事が先決でした。当時は世界的にも、“オーガニッ クの原料”はほとんど扱いが無く、入手は困難を極めました。限られ た入手先・限られた種類の麦芽を使用してのビール醸造。しかも味の 妥協は許されません。そのような中、有機農産物加工食品及び酒類の 表示基準の改正もありました。

「オーガニックビールを造るのは当たり前」このように考え、実行し てきた私達にとっては絶好の機会でした。自分達の姿勢が間違ってい ないか第三者に原料から製造工程まで定期的にチェックしてもらう。そして認められる。それは、ただ単に 「安全な食へのこだわり」にとどまらず、おいしさへのこだわり・追求にもつながるものと確信しております。

風の谷のビール各種